陰があれば日向がある

ビルがあって左側から

太陽の光が差したら

右側には自動的に影ができる。

 

 

そんなことは当たり前だというお話なのですが、

私たちの日常において、そんな当たり前のことが

わからなくなってしまうことが多々あるのです。

 

私たちは、日常生活の中で、嬉しいや楽しいことばかり

ではないと捉えてしまうことはよくありますね。

それは、上記の図で言えば、陰の部分を捉えているというのです。

反対側には、日向があると言うことを忘れている。

 

自分にとって不都合なことがあったとき、

それで苦しんだり、囚われたりしたとき、

その瞬間にとっさに思えなくても、

この情報を知っておくことで、裏に日向がある

ということを思い出してほしいのです。

 

困ったこと(陰)の裏には必ずメリット(日向)がある

ということですから、私の成長にとって大切な

メッセージが隠されているからそれを見つける作業を

してみようと提案しているのです。

 

日陰は日向がないと存在することはできない。

夜が来ても日本の反対側では昼を迎えています。

闇の反対は光があります。

 

メンターはそれを知っているので、問題が発生しても

その裏にメリットを発見していくのです。

だから、困ったことは起こらない。

すべて私を生かすためにある。

そうやって一つずつ乗り越えて内面世界の拡大とともに

豊かな人生へと向かっていくのです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です