仲間の大切さ

それぞれの願いの実現のために自らを律し

それを実現する内面世界を整えていくことは

なかなか難しいことなのかもしれません。

 

メンターの教えを学ぶ私たちは、同じ学びを持つ者同士として

お互いに励ましたり、時に叱咤したり、気づきを与えたりしながら

目標に向かって向上して行くようにしていきたいものです。

 

釈尊は、その仲間のことを「サンガ」といい、心のより所の一つに

することを教えられています。

 

 

この仲間は、それぞれに自立をしていて、

決して閉鎖的ではなく、広く世の中に対してオープンであり、

条件付きで受け入れるものではなく

人間に対する平等感と人間尊重の精神を持ち合わせたもので

なくてはならないと思うのです。

 

少し先を行くリーダーが、後に続く補佐役の人がいて

そしてキャリアの浅い人の導きをする。

そこには思いやりと信頼関係があるから、パワーによる

統制ではなく、温かいものが根底にあるそういう仲間を

たくさん作っていきたいと思うのです。

 

お伝えしている講座で学んでいるの仲間のみなさんも

講座以外でもの集まって、学びを生活に落とし込んで

どうなったのかということをシェアするワーク会を

実施してくれています。

これも大切な「サンガ」であり、自分の人生がよりよくなって

行くための大切なことです。

手に入れたい目標があるなら、一人で奮闘するよりも

サンガとともにいることで加速していきます。

是非こういう場に身を置いてみて下さい。

仲間は待っていますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です