幸せとは

人の幸せとは、何であろうかと考えたときに

人それぞれに、「これを幸せとする」という定義も違い

実体として「これだ!」と出すことの

できるようなものではなくて

あるのは「幸福感」だけだということなりますよね。

 

つまり、幸福とは幸福感だと言うことになり

感じ方一つで幸福はいくらでもつかめる

ということにも成ってくるわけです。

 

 

 

人は誰も願いを持って生きています。

願いとは明るい、希望のあるもののはず。

その願いが叶えられるものと信じ、その達成に向けて

常に明るく前向きに取り組めている状態こそ

幸福感に満たされていることになります。

 

なのに、願いに対して自分にできるのかなど

不安や否定的な考えを持ち、

イライラや暗い気持ちで毎日過ごすことこそ

不幸な人生といえるでしょう。

 

幸せな人生とは、自分の願望に対して

いつも明るく考えるようにし、余計なことは

考えず、達成することだけを考えて

できないわけがないと楽観で努力することを

楽しんで生きていくことが、本当の幸せである

と言えるならば、意識して自分の人生を

幸福感にあふれるものにする自由と責任がある

ということですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です